不動産売却は賢いマイホームの手放し方!正しい判断で買主探し

都市部での物件選び

説明

神奈川県の県庁所在地である横浜市は、市域が広大であり横浜みなとみらい地区や関内地区、港北ニュータウンや新横浜地区など拠点になる地域が分散しています。また横浜市の人口は年々増加傾向にあり、また郊外は宅地開発も進んでいて不動産の価値も上がる傾向にあります。一般の人の不動産購入といえば、住宅購入のことを指します。不動産購入は人生でもっとも高い買い物といわれるので、その流れを知っておくと良いでしょう。まずは自分が希望する住宅像をはっきりイメージすることです。これがなければ、物件の絞り込みや資金計画が進まないからです。資金計画では準備できる頭金がどの程度か、ローンの返済額は月々いくら位ならOKかも検討しましょう。物件の絞り込みでは、複数の不動産物件をチェックして自分の目的に合う物件を選びましょう。この場合は焦らずじっくり検討するのが良いです。

神奈川県最大の都市である横浜市は、市域の多くで高層マンションが立ち並んでいます。不動産雑誌でも、横浜市の新築マンションの情報が随時掲載されています。ところで新築マンションでは3LDKの物件が最も多くなっています。ある調査では首都圏の1都3県で分譲されたマンション物件の約7割が3LDKの間取りでした。新築マンションを選ぶ上で、間取りはとても重要な要素です。間取りは家族の人数によって決めるのが一般的ですが、異なる視点で間取りを検討してみるのも一つの方法です。例えば1部屋多い4LDKの物件ではその広さを生かすことができます。例えば子供が育った後に2LDKや3LDKなどにリフォームをして、広いリビングルームを楽しむという生活も楽しいかもしれません。将来を見通した間取り選びが大切です。